スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
疑問です
今日、ネットワークで有名な某C社のインド法人と
打ち合わせをしました。

打ち合わせの内容でまずびっくりしたのが、
今使ってる某3C社のL3スイッチをすべて、
C社に変えるというのです。

自分としては現行のスイッチは設定に若干癖があるので、
更改してくれるとうれしいのですが、
コアスイッチに使ってるのもの含めて約30台程。

現在、長距離の光ファイバーを使用しているため、
それなりのインターフェイスを用意しなきゃならないし、
コアスイッチもシャーシ型のものを選ばなきゃならない。

そんな金どこにあるんだ?
疑問です。

その後、某C社のエンジニアは、
IP電話やIPでビル設備を管理するようなシステム(IBS?)について語って行きました。

建築隊員曰く、設計、施工がずさんなブータンの建築。
そもそも、そんな風に管理しなきゃいけないビルがあるかは
疑問です。
スポンサーサイト
Newゴ、ゲット!
本日、おニューの「ゴ」を手に入れました。
NEW-GHO


2週間以上前にテーラーにオーダーして
予定の完成納期から1週間以上遅れての完成!

値段は仕立てだけで770Nu(1400円くらい)です。
ちょっとお高め。

今まで、一着のゴとスーツで出勤してましたが、
そこに新たなバリエーションが加わることになりました。
今日、同僚が朝一で
「今度構築する首相オフィス(PMO)のネットワーク、IPv6で構築するのどうかな」と
言ってきました。
IPv6、唐突過ぎ!

ま、この前、一緒にネットワークの構成について議論し、
使用する機器を選定しましたが。。。

なぜ、IPv6にしたいのかときくと、
Tryしたいだけ。

他、繋がるネットワークはIPv4で、ここでIPv6を使う意味がないこと。
選定した機器では対応が難しいこと。
IPv6のネットワークを管理できる技術者がいないこと。
なにより、自分が構築したことなく、サポートできないこと。
を伝えましたが、「No Problem!」と一言!

それに第一、なぜ、PMOで試す!

そのTryする気持ちは買いますが・・・。

恐ろしや、ブータン人!

ブムタン トリップ 最終日
すみません、こちらも後ほど。
ブムタン トリップ 3日目
のちほど、更新予定
ブムタン トリップ 2日目
後ほど、更新します。
すみません。
ブムタン トリップ 1日目
本日より、先輩隊員とブータンの中央部、ブムタンに向けて国内旅行です。
ブータンでは、外国人が地方に行くにはルートパーミットという
通行許可書が必要になります。
そのため、なかなか国内旅行をするのにめんどくさい国です。
今回、ようやくブータン国内を見て回る機会を得ました。

初日の本日は、ティンプーより東に向かい鶴の越冬地で有名なポプジカ、
ブムタンの手前のトンサへと向かいます。

7時にブータン人のドライバーが
迎えに来てくれるという話でしたが来たのは8時。
しょっぱなから、ブータンタイム、やってくれます。

まず、ドチュラという峠を超え、
trip to Bumthang1-1

ウォンディ・ゾンを通り、
trip to Bumthang1-2

ポプジカにあるお寺ガンテ・ゴンパ(黄色い屋根)へ。
trip to Bumthang1-3

行くとチェチュをやっていました。
どこでも、チェチュは大賑わい。
trip to Bumthang1-4

ここで一番偉いお坊さん、ガンテ・トゥルク(サングラス掛けたおっさん)
がブレスして回ってます。
自分もしてもらいました。
trip to Bumthang1-5

祭りの後は、この有様。ゴミが散らかり放題。
聖なる場所が。。。。
trip to Bumthang1-6

ここポプジカは鶴を保護するため電線がありません。
村の家は、ソーラーシステムを屋根につけて、
その電気で生活しています。
trip to Bumthang1-6

ここに冬になると150羽近い鶴が来るそうです。
trip to Bumthang1-7
季節外れではありますが、一羽の鶴を見ることができました。
ラッキー。


この日は、この後トンサへ向かい宿泊です。


20年度2次隊 帰国
先日、送別会を行いましたが、
本日、22年度2次隊が帰国されました。

みんな、ドミにあつまりお見送りです。

いやー、お疲れ様でした。
ティンプーチェチュ 最終日
本日でチェチュ3日目。
最終日です。
皆勤賞です。

昨日から、ブレス(仏像に頭を触ってもらい御利益を得る)
が行われているのですが、
本日は最終日ということもあり、多く人がブレスを受けに来ています。
みんな年に一回の機会を逃すまいと押し合いへしあいの大混乱です。
Thimphu-chechu-3-2

ブレスを行う仏像の前では警察が付き、これ以上の混乱を起こすまいと必死。
ガンガン人の頭を押さえつけていきます。
Thimphu-chechu-3-1


御利益をちゃんと受けられるのか微妙な感じです。
ティンプーチェチュ 2日目
昨日に比べて、一段とひとが増えてます。
ヒドイ!
Thimphu-chechu-2-1

Thimphu-chechu-2-2

Thimphu-chechu-2-3


幻想的な現象、太陽の周りに輪っかが!
Thimphu-chechu-2-4
デコ・カー
今日は、チェチュのため
老いも若きもおめかし。

おめかしするのは人間に限った事ではないようです。
そう、車もおめかしをするのです。
本日は、チェチュでありますが、ヒンディーの機械のお祭りでもあり、
ブータン人もそれに乗っかってお祝いしちゃってます。
日本人が、クリスマスで騒いじゃうみたいもんです。

車を綺麗にデコレーションして、お寺でプジャ(祈祷)をしてもらうようです。
交通安全祈願みたいなものでしょうか?

ご家庭の車も
deco-car-1

バイクも、
deco-car-4

タクシーも、
deco-car-2

職場の政府車両も、
deco-car-6
deco-car-7

救急車までも。
deco-car-5

これって、前、見にくくないのでしょうか。
安全祈願をして、事故にならないといいのでですが。
道化、アチュラ
チェチュの演技をしている横に必ずいる道化、アチュラ。
アチュラの行動があまりに自由奔放すぎるので
レポートします。

こいつです。
achura-6


ご存じの方もいるかもしれませんが、
ブータンには男根信仰があります。
いわゆる、男のナニを崇めるのです。
なので、この先の画像は宗教儀式をおさめたもの。
卑猥ではありません。
なので、そこの女子、よくご覧ください。

まず、ブータン娘が踊ってる横で、
男のナニをかたどったポーを持ちふらついています。
achura-1

今度は、ブータン娘の踊ってる後ろを、ポーを持ち付いていきます。
achura-2

次は、真剣に踊る人の後ろでポーを持ち踊ります。
achura-5

そして次の標的は、欧米の観光客。
腰にあてて挑発。
先から何か出てます。
achura-4

最後はこれ。ポーの上に座ってます。
achura-3
これは、マジやばいでしょう。

以上です。
ティンプーチェチュ 1日目
本日より、3日間、首都ティンプーはチェチュ(お祭り)です。

先週のドムチェに引き続き、行ってきました。

先日のドムチュは、タシチョゾンの中で行われましたが、
本日は、チェチュ専用会場にて行われます。

まー、相変わらずのすごい人。
みんな、ココ一のゴ・キラを着て、おめかししてきています。
ブータン人曰く、中には月収以上のゴ・キラをこの日のために用意するそうです。

自分はそんな高いゴを用意できないのでいつもの。
Thimphu chechu1-1

チェチュの様子はこんな感じです。

Thimphu chechu1-2

Thimphu chechu1-3

Thimphu chechu1-4

Thimphu chechu1-5

Thimphu chechu1-6

今日は、天気がよすぎたため、小さい子が熱射病で倒れてました。
ま、小さい子ではない自分たちも2時間で限界。

ハッキング!
今日は、朝からあるゾンカク(県)のホームページが
ハッキングされたと大騒ぎでした。

いちお、ファイアウォールでアクセス制御をかけているのですが
アクセスリストを弄くりまくって、現在わけのわからんことになっています。

最近、同僚とその整理をしている矢先でした。

とりあえず、今はサーバでもアクセス制御の設定をし、対応中です。


早急にアクセスリストの整理をせねば。
ドムチュ
今日は、ブータン、ティンプーは祝日です。

ドムチュという今週末(17,18,19日)に行われるチェチュ(お祭り)の
前夜祭のようなものが行われるためです。
※前夜祭とは言いますが、昼間に行われます。

というわけで、同期の隊員と一緒に行ってきました。

すごい人です。
Domchoen-4


まず、ジェキンポ登場。
(黄色い袈裟のようなものをしている人です。)
Domchoen-1


いろんな仮面を付けた踊り子がでてきて
ひたすら回って踊ってます。
Domchoen-2
Domchoen-3
平成20年度2次隊 送別会
20年度2次隊の皆さんが今月で帰国されるので
今日は送別会でした。

この隊次で2人のIT隊員が帰国されます。
これでブータンに残るIT隊員は自分を含めて2人。
さみしいものです。

22年度2次隊の皆さん、お疲れ様でした。
20-2_farewell-party-1
出産祝い
同僚の出産祝いに行ってきました。

行くとチャンケという、見た目はおかゆ
味は焼酎のようなお酒を頂きました。

結構、これが強い。
少し器があくと、注いでくるのです。
(ま、いつのもことですが)
元来、酒の弱い自分は
もういっぱい、いっぱいでした。

って、主役はこっち。
Baby

どこの国でも、赤ん坊はかわいいものです。
National Assembly
同僚がこれから業務でNational Assemblyにいくから来ないかと
声をかけてきました。
暇だった自分は、YESと即答。

そこで、なんか偉そうな人と30分程
新しいネットワーク構築の打ち合わせをして来ました。

あとで辞書で調べてびっくり、
National Assemblyって、国会だったんですね。
そういや、空港にあるような金属探知機、手荷物検査があったし、
ポリスメンもいっぱいだった。

意識せずブータンの国会議事堂にいたようです。
無知って、怖い。

勉強しよ。
突然お誘い、そして闘い。
業務を終え、帰って夕飯の支度をしていると、
我が家の戸を鳴らす音が。
出てみると、下の大家ではありませんか。
(自分の家の下には大家が住んでます。)

彼女は、家で夕飯はどうかと誘ってくれたのです。

ちょ、ちょっと待って、ご厚意はうれしいのだが
突然過ぎ!
飯もつくっちゃったし!前もって言ってくれれば。

せっかく誘ってもらったのに断るのもと思い、
自分の作った夕飯を持参し、お邪魔しました。

行くと、まずスジャ!
スジャとはバターティのこと。
塩が入っていて、外国人的には違和感のあるお味。
セブンイヤーズ・イン・チベットでもブラットピットが
苦手だと言ってたやつです。そういや、登山家野口健も言ってたな。

スジャを何とかがんばってのんでると、
出ましたブータン料理。
やっぱ、ローカルブータン料理は辛い。
まー辛い。
そして、恒例のおかわり攻撃!
今回の敵は強かった。
自分の「Enough!NO,thank you.I'm full」には耳もくれず、
つぐ、つぐ!
飯のおかわり攻撃に気を取られていると、
傍らでスジャの再投入が!
まて、おれは、これ以上無理!
カンカンカン!完全にやられました。完敗です。

だが、敵の攻撃はこれでは終わらなかったのです。
駄目押しの洋ナシ!
これなら、すこしならと2カケほどいただくと、
傍らで洋ナシをむく、むく!
完全に戦意喪失です。身動きがとれません。

その後、1時間ほどトーキング!
最後は、次回日本食での再戦を誓い、本日は終了したのです。

けど、おいしく頂きました。ありがとう。

追伸 話の中で出たのですが、酉年の自分は、ブータン的には寅年のようです。
救援物資、届く
父親に依頼しておいた物資がとどきました。
中には、技術資料とともに、
ブータンでは手に入らない味噌などの日本食がいっぱい。
なんか笑顔がとまりません。

日本で学生してる時によく
食材を送ってくれたのですが
こんなにうれしくなかったな。
逆に断ってたのに。。。

父よ、ありがとう!

味噌汁うめー!
Copyright © ブータン・ヌーボー. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。