スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同僚、去る。
本日、同僚が職場を離れることになりました。
インドに1年ほど行くそうです。
仕事の終了後にみんなでお茶を飲み、
記念撮影です。
自分のとなりが、今後インドに行く同僚Hemlalさんです。
DIT-staff
スポンサーサイト
ベット、デカ!
今日、自分が住む予定の家に
同僚が家具を入れてくれました。

なぜかベットがダブルサイズ!
シングルサイズはないのかと言ったのですが、
「時期にお前ブータン人の彼女を見つけるからいいだろ」と
こっちの意見そっちのけで設置されてしまいました。

また、ちゃんと引っ越したらご報告します。
活動開始!
本日より、活動が開始しました。

自分の所属先は情報通信省情報技術局インフラストラクチャー課、
ブータンのネットワークの計画、設計、管理をしているところです。

自分はそこで、首都に構築されたThimphu-WAN(TWAN)の管理、
地方の県庁(ゾンカク)とTWANを繋ぐVPNの管理、
他のプロジェクトの助言を依頼されています。

がんばります。
寝込む・・・。
日曜日に突然高熱を発し寝込んでました。

月曜から本格的に活動を始める予定だったのですが、
しょっぱなから2日間休み。

なんか、疲れがたまっていたようです。
ホームステイ終了
長いようで短い、ホームステイが終了しました。

同期の隊員の中には、ノミ、ダニに咬まれた人もいましたが、
自分は特になく快適で楽しい時間を過ごすことができました。

また来たいです。ぺマさん、ありがとう。
pema-san
パロの子供
このホームステイ中と子供たちが帰ってくると、
みんなで一緒に遊んでいました。

最近の日本の子供は、外で遊ぶことが少ないようですが、
ブータンの子たちはTVゲームなどないので
みんなで外で遊びます。

自分のガキのころのようです。
鬼ごっこしたり、縄飛びしたり。

みんな元気なイイ子たちでした。また会いにきたいな。
paro_children
本日、アマ(お母さん)たちがクルという
ダーツをやるというので参加させてもらいました。

一般できなダーツとは違い、ダーツの矢は20cmくらいあり、
木のおもりが付いてます。
それを20mくらい先にある木の板の的に向けて投げます。
的は小さく、これが大抵あたりません。

アマたちはあたると踊りだします。

いや、なんか、たのしかっなー。




デュゲル・ゾン
本日はデュゲル・ゾンという廃墟にいきました。

宮崎駿のアニメにでてきそうな雰囲気出してます。
dhugeru-2
dhugeru-2
パロ散策
午前中はパロ市街を散策。
こんな感じの街です。
paro-1

paro-2

午後はぺマさんが近くにウマホテルという高級ホテルがあるというので
行ってみました。
ウマホテルには日本人スタッフがいて、中を案内してくれました。ラッキー。
以前に、中田、稲本も泊ったとか。
paro-3


この部屋にはレオナルド・デカプリオが泊まったらしいです。
余りの素晴らしさにくらくらしました。
paro-4

paro-5


これは、目に毒です。
ホームステイ
今日からブータン民家に5日間、ホームステイです。

場所はティンプーから1時間くらいのパロ。
空港のある町です。

ホームステイ先はくじ引きの結果、ぺマさんち。
こんな、家です。
homestay-1


ホストファミリーは、右からゾンカしかしゃべれないおじいちゃんの、
お年頃の娘のチュンクー、ゴン中山似のお父さんのぺマさん、
うわさでは30歳のお母さんです。
homestay-2

タクツァン僧院制覇(3000m)
タクツァン僧院制覇(3000m)
takutsan-4

本日はRIMのみなさんと
タクツァン僧院にピクニック。
ブータンといったらココ!みたいな
必ずツアーに組み込まれる場所です。

タクツァンとは、「虎の穴(巣)」という意味。
ブータンにチベットから仏教を伝えたお坊さんが住んでいた場所で、
ブータン人にとって、一生に一度は行っておきたい場所のようです。
標高は3000m、結構高いっす。

午前中はあいにくの雨、周りはガスっていて最悪の天気でした。
takutsan-1

が午後は日頃の行いがよかったせいか。
ブータン晴れ!
こんな感じです。
takutsan-2

このなか、お参りする場所がいっぱいあって、
今日一日で30回以上、五体投地。
かなり、うまくできるようになりました。

日本で富士山登ってた時は、
3000mにもなると高山病で頭がいたかったのですが、
ブータンでの高地生活のおかげで、
高山病にかかることなく、行けちゃいました。

帰りのバスの中では、ブータン人の大宴会!
2時間くらいの山道を「アラ」というブータンの焼酎をのみ
ひたすら歌を歌ってました。
ブータン人、疲れ知らずです。
その歌声はブータンの景色に合い、心地よい感じです。
takutsan-5
(特に手前の顔アップのやつ、ひたすら立って歌ってました。)

いやー、楽しかったっす。
また、行きてーな。
RIM6日目。

本日は、講義はなく。
午前中にTextile Museumの見学。
RIM6-1
おばちゃん、がんばってます。

そのあと、BBS(Bhutan Broadcast Service)の電波塔のある
ティンプーのデートスポットの視察?!
ダルシンがはためいてきれいです。
RIM6-2

RIM5日目
RIM5日目。

今日は、午前中ゾンカ語の授業をし、
午後はInstitute of Folk Heritage Museumという
伝統工芸職人の養成学校兼博物館に行き、
仏教画を描いているところを見ることができました。
RIM5

素晴らしい。
RIM4日目その3(卒業式)
RIMは本日卒業式です。
RIM4-3-1



卒業式の余興なのか、踊ってます。
まったく笑顔がない。。。
RIM4-3-2

RIM4-3-3

このあと、自分たちも半強制的に踊りに参加。。。。
見よう見まねです。
RIM4日目その2(シムトカ・ゾン)
RIMにかえる途中、もう一か所シムトカ・ゾンによりました。

ここは初代国王が住んでいた場所があります。

これは、ゾンの前のマニ車。
RIM4-2-1

ゾンはこんな感じ。
RIM4-2-2


ゾンの中はこんな感じ。
RIM4-2-3
なかでは僧侶がならんで御経よんでます。

暑いので坊さん木陰で休んでます。
RIM4-2-4
RIM4日目その1(タシチョ・ゾン)
本日も研修です。
ブータン的には、本日祭日です。
なんか、「ブッダが初めてを説法をした日」とかで
ブータン人はみんなゾンと呼ばれる
役所と寺院が一緒になったところにお参りに行くようです。

自分たちも、研修の始めにティンプーで一番でかく、
王の執務室もあるタシチョゾンにいきました。
RIM4-1-1

なかはこんな感じです。
RIM4-1-2

この建物の中に大仏があり、みんな五体投地っす。

このあと、ジェイ・キンポーというブータンで一番偉いお坊さんが登場!
そのあと、ブータン第四代国王と第五代国王がツーショットで現れ、
四代国王の妃とその子供たちとロイヤルファミリー勢ぞろいでした。
これって、すげーレアらしい。ラッキー。
RIM3日目
RIM3日目。

本日は午前中、出産祝い、入院見舞の仕方、
ブータンの旅行者への対応などの講義の後、
国立図書館にいってきました。

これは、チベット仏教の経典がおさめられている図書館。
4階建てで上から下まで経典です。
RIM3-1

こんな感じに経典が収まってます。
RIM3-2


あと、これ、世界一大きい本らしいです。
RIM3-3
RIM2日目
RIM2日目。

ブータン文化に触れる一環で
ブータンの民族舞踊を見に行きいました。
RIM2-1


なんか盆踊りみたいです。

こっちはわけのわからんモンスターがいっぱい。
RIM2-2


そのあと、ブータンアートの作成現場の見学。
おっさん、がんばってます。
RIM2-3
RIM1日目
お久ぶりです。

ネットの接続環境が悪く、
更新ができていませんでした。

先週までの2週間、ゾンカ語の研修を行い
今週はRIM(Royal Institute of Managment)なる
公務員養成学校でブータンの歴史、宗教、文化、礼儀作法の
研修です。

RIM1


英語での研修なのですが、話が早すぎてわからん。。。
Copyright © ブータン・ヌーボー. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。