スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パジョディン トレッキング
ティンプーの裏山、パジョディンにトレッキングに行ってきました。

予定では、2泊3日、4000mの峠を越え湖をみる予定でしたが、
友人が高山病にかかり、断念。
1泊で帰ってきました。

ま、しゃーないですね。
また、トライします。

トレッキングの様子はこんな具合です。
こんな感じの道をひたすら登り、
p-trek-1

ラカンへ、ここで3400mぐらい。
p-trek-4

近くには、ヤクさんがいました。
p-trek-2
p-trek-3
つーか、初めてヤクみました。
ラピュタでシータが飼っていたやつがここに!

えっちら、おっちらの登り、
今日の目的地、3760mのラカンに到着。
ここで、ラカンに泊まらせてもらいました。
p-trek-5

ラカンで友達になったブータン人。
飯を御馳走になり、そのあと、自分たちが持ってきたUNOで
遊びました。
p-trek-6


ラカンからの夜景です。
ティンプーの町が、はるか下に。
p-trek-7

ここで、事件が発生。
友人が高山病に!
夜12:00に来る途中に寄ったラカンまで下山。
ラカンで友達になったブータン人も
心配して一緒に降りてくれました。マジ感謝です。
ここで、テントを張りみんなで就寝。

朝はこんな感じです。
p-trek-8

友人はここで一晩休み、体調回復。

そこで仲良くなったラカンの坊さんの案内で、
近くにある別のラカンにいくことに。

途中、坊さんの入浴シーンを盗撮!
この風呂、「ドッツォ」っていいます。
石をやき、桶に張った水の中にいれて暖めます。
p-trek-9


行く途中の岸壁。
よく見ると岸壁がブッタが座禅しているように見えます。
皆さん、みえますか?
信心深いとはっきり見えるそうです。
p-trek-10

目的のラカンに到着。
ここで、お決まりの「五体投地」でお参りして徳を積んできました。
p-trek-11

この後、大事をとり、下山しました。
最後にみんなで記念撮影。
p-trek-12

今回、いろんな、ブータン人に助けてもらいました。
ほんと、感謝です。
スポンサーサイト
ブムタン トリップ 最終日
すみません、こちらも後ほど。
ブムタン トリップ 3日目
のちほど、更新予定
ブムタン トリップ 2日目
後ほど、更新します。
すみません。
ブムタン トリップ 1日目
本日より、先輩隊員とブータンの中央部、ブムタンに向けて国内旅行です。
ブータンでは、外国人が地方に行くにはルートパーミットという
通行許可書が必要になります。
そのため、なかなか国内旅行をするのにめんどくさい国です。
今回、ようやくブータン国内を見て回る機会を得ました。

初日の本日は、ティンプーより東に向かい鶴の越冬地で有名なポプジカ、
ブムタンの手前のトンサへと向かいます。

7時にブータン人のドライバーが
迎えに来てくれるという話でしたが来たのは8時。
しょっぱなから、ブータンタイム、やってくれます。

まず、ドチュラという峠を超え、
trip to Bumthang1-1

ウォンディ・ゾンを通り、
trip to Bumthang1-2

ポプジカにあるお寺ガンテ・ゴンパ(黄色い屋根)へ。
trip to Bumthang1-3

行くとチェチュをやっていました。
どこでも、チェチュは大賑わい。
trip to Bumthang1-4

ここで一番偉いお坊さん、ガンテ・トゥルク(サングラス掛けたおっさん)
がブレスして回ってます。
自分もしてもらいました。
trip to Bumthang1-5

祭りの後は、この有様。ゴミが散らかり放題。
聖なる場所が。。。。
trip to Bumthang1-6

ここポプジカは鶴を保護するため電線がありません。
村の家は、ソーラーシステムを屋根につけて、
その電気で生活しています。
trip to Bumthang1-6

ここに冬になると150羽近い鶴が来るそうです。
trip to Bumthang1-7
季節外れではありますが、一羽の鶴を見ることができました。
ラッキー。


この日は、この後トンサへ向かい宿泊です。


Copyright © ブータン・ヌーボー. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。